筆記用具

働きながら資格を取る

メンズ

人気の高い法律系資格

今日は雇用状況は上向いていることもあって失業者は少なくなりましたが、それでもなお、将来に備えて資格を取得しようと考える社会人は少なくありません。現在、雇用形態は契約社員などの非正規雇用が大半を占めており、果たして年金を受給できる年齢まで雇用継続されるのか、不安定なところがあるからです。資格の中でも人気の高いのは法律系の資格で、中でも人気なのが行政書士資格です。行政書士は弁護士や司法書士などと同様に法律の専門家であり、行政官庁への許認可関係などの書類作成、提出代行を行うほか、相続に関連する書類を作成したリするなど、かなり専門性が高い職業です。そのため、多くの社会人が独立開業や法律事務所への転職を目指して、行政書士資格の試験にチャレンジしています。

勉強のやり方

行政書士試験は憲法や民法などの法律系の分野と、国語や時事問題など教養の分野との2分野から出題がなされますが、いずれの分野も専門性が高い為、独学では難しい面があります。そこで多くの社会人は資格予備校による通信講座を受講して行政書士試験の勉強をしています。資格予備校の主力分野は通学講座ですが、忙しくて通学時間が確保できない社会人が多いため、各予備校とも通信講座も通学講座以上に力を入れております。通信講座の最大のメリットは時間に拘束されず、自分のペースで学習できることにあります。また、通信講座では添削問題や答案練習がセットになっているので、それらを使って勉強の習熟度や苦手な科目の把握ができることも通信講座のメリットです。

STを目指す人に

男性

言語聴覚士は活躍の領域が広がっている仕事です。病院以外にも訪問事業所や福祉分野と多岐にわたります。必ず指定の養成学校を卒業して国家試験に合格する必要があります。学校により学費は多少違いますが、他の職業より高めの学費になります。負担軽減の制度もあるので確認しておくと良いでしょう。

View Detail

子供の教育の資格取得

男性と女性

子供の学びに関しては、待機児童問題などから多少流動的な措置が取られている現代です。幼稚園教諭の資格を目指して大学への進学を決めたとしても、未来の自分のためにも慎重な大学選びが必要です。教育にはいろいろな学びが生きてきます。

View Detail

見守り育てる仕事

男女

保育士の資格は厚生労働大臣の指定する養成機関を卒業すれば、試験なしで取得できます。このうち4年制の大学はカリキュラムが豊富で、保育について深く学ぶことができ、保育士以外の仕事にも就けるのがメリットです。

View Detail