見守り育てる仕事|諦めるな!法律の仕事は通信講座でも学べる|行政書士資格の取得方法
レディ

見守り育てる仕事

男女

資格が取れる学校

保育士は国家資格のひとつで、取得するには国家試験に合格する必要があります。保育士試験の受験資格は、福祉施設などで一定以上の実務経験を積めば取得できます。ただし厚生労働大臣が指定した大学・短大・専門学校などの養成機関を卒業すれば、試験なしで保育士資格が得られます。早く社会に出て活躍したい方は、2〜3年制の短大や専門学校が適しています。4年生の大学は、より深く保育について学びたい方に向いています。大学によっては小学校教諭や臨床心理士などの資格を取れるカリキュラムも用意されていて、いろいろな職種を目指せるというメリットがあります。実習制度についても大学ごとに違いがあるので、どんな資格が取れるか確認しておくことが大切です。

多様な勤務先

保育士資格を取得すると都道府県の登録簿に名前が登録されますが、それだけでは働くことはできません。公立の保育園では公務員試験に合格する必要があり、民間の保育園でも採用試験や面接があります。有名大学の出身だから有利になるということはありませんが、在学中に何をしていたかはアピールポイントになります。もちろん実技も重要で、実際に働いている保育士は短期大学の出身者が多くなっています。日本では少子化が進んでいますが、共働きの家庭も増えているため、保育士は慢性的に不足している現状があります。また児童福祉施設や病院、企業内保育や託児所などからのニーズもあり、今後は待遇も勤務形態もますます多様化していくと考えられます。